私立難関大選抜コース

コースの特長

no-image
私大入試、特に「難関」と呼ばれる早稲田・慶應・上智、MARCH、関関同立などは、センター試験や国公立大の2次試験とは異なる難解な問題が出題されることもありますので、「私大英語」「私大国語」などの私大コース専用の講座で、しっかりと対策を行います。ただし、難解な問題も「基礎力」がなければ解けませんし、科目数が少ない分、苦手科目は必ず克服しなければ合格はありません。1学期は基本を重視した勉強をしましょう。さらに、センター利用方式の入試で合格が出れば、第1志望の個別試験に集中できます。センター対策も疎かにしないようにしましょう。

時間割例

早稲田大学法学部Tさんの時間割
※HL(難関)、SS(準難関)、S(上級)、M(中級)、G(基礎)
※HR(コース別ホームルーム)
365日自習できます

合格者の声

  • 早稲田大学 教育学部合格
    TSさん(金沢泉丘高校出身)

    Tさんのマーク模試得点推移
    センター試験は9割近く得点できて、それで勢いに乗れたと思います。早稲田は教育学部以外にも人間科学部、スポーツ科学部、また明治大学の法、商、情報コミュニケーション学部も合格しましたが、すべてセンター利用です。センターで高得点がとれたので、東京への受験旅行の回数が減り、第1志望の早稲田の教育学部の入試に集中できました。
  • 早稲田大学 法学部合格
    TTさん(金沢泉丘高校出身)

    「外語国際系英語」は、ネイティブの先生によるspeakingやwritingの授業で、与えられたテーマに対し、短時間で発想し、自然な英語表現で書いたり、話したりする練習を繰り返しました。この練習は早稲田大の英作文にとても役立ちました。また、今大学でもネイティブの先生の授業を受けているのですが、予備校でのこの経験のおかげで、スムーズに受け答えできています。
    僕は上智大学のTEAP利用入試のためにTEAPを受験したのですが、その時はまだ試験会場として金沢会場が設けられていなかったので、東京へ行って試験を受けました。高校や予備校の友達でTEAPを受験する人はまだ少なかったのですが、東京の試験会場では受験生も多く、その中で上智の入試基準点をクリアできるスコアが出せて、自信につながりました。育英では、英語外部資格試験の対応もしてもらえたので、安心でした。
  • no-image
難関私立大学合格実績
詳しくはパンフレットお取寄せください!!
お取り寄せはこちら
コース一覧はこちら