金大コース

コースの特長

no-image
金沢大学を中心とした地元国公立大学を目指すコースです。文系は、センター配点の高い学類が多いので、苦手科目でもセンター試験では7割は得点できるように目指します。1学期は自分のレベルにあった授業で基礎を固め、2学期から本格的なセンター対策を行いましょう。また、2次試験で必要な英語や国語は、一朝一夕に力がつく教科ではありません。添削課題などをうまく活用し、コツコツと積み重ねていきましょう。
理系の学類は数学と理科の出来で合否が決まります。特に数学の苦手な人は、基本の計算と典型的な解法を繰り返し練習しましょう。1学期~夏期講習までは基本を重視した授業を行いますので、この期間に基礎を固めてください。また、現役時は理科に時間をかけれなかったという声も多く聞きます。今年はじっくり時間をかけて取り組みましょう。ただし、センター試験も疎かにはできませんので、国語や地歴公民は授業を中心に勉強し、教科間のバランスを考えて進めていきましょう。

時間割例

金沢大学時間割例
※HL(難関)、SS(準難関)、S(上級)、M(中級)、G(基礎)
※HR(コース別ホームルーム)
365日自習できます

合格者の声

  • 金沢大学 法学類合格
    IMさん(金沢錦丘高校出身)

    Iさんのマーク模試得点推移
    金沢大学の英語は全問英問英答のため、十分な対策が必要です。予備校ではまずSVOCの文型の基本から授業が始まりました。文法をしっかり理解することによって英文を体系的に読み進めることができるようになりました。「論理的な読解」が合格の決め手になったと思います。
  • no-image
    ▲金大模試公開会場(11月)
  • no-image
  • no-image
    ▲金沢大学直前特講(2月)

金沢大学合格実績

2018年度
人間社会14・理工15
医薬保健17・後期一括4
50
2017年度
人間社会35・理工13
医薬保健18
66
2016年度
人間社会17・理工13
医薬保健25
55
育英予備校では、毎年金大模試や金大直前特講を実施。
また地元新聞に金大前期試験問題解答例も掲載して、金沢大学の入試に精通!金大合格ならやっぱり育英!
詳しくはパンフレットお取寄せください!!
お取り寄せはこちら

コース一覧はこちら